医師向けのスポットバイトの魅力とおすすめ求人サイトを解説

医師の副業

比較的高給と言われる医師でも、自分の都合に応じてバイトを探すことができます。いわゆる「スポットバイト」と呼ばれるものですが、そのメリットはいろいろとあります。

また医師のスポットバイトに特化した求人サイトもいくつかあります。そこで医師のスポットバイトの魅力と、主な求人サイトについてご紹介します。

たくさんスポットバイトをすれば、本業以外の収入を得られ、スキルアップにも繋がりますし一石二鳥です。

医師のスポットバイトとは?

スポットバイトとは自分の都合のよい時間に働くことができる、単発のアルバイトのことです。対して業務内容や勤務先、時間などが固定されるアルバイトを定期バイトと呼びます。

医師のスポットバイトが人気の理由

医師ができるスポットバイトの種類としては、以下のようなものがあります。

・検診
・透析
・当直
・コンタクトレンズの処方
・献血

医師不足が続くなかで、このようなスポットバイトが多くあります。これは病院側としては雇用するほどの業務ではないものの、人手が足りないという事情があります。

一方でスポットバイトを利用する医師側としても、所属する組織によっては手当が少ないという事情があるでしょう。あるいは普段の常勤の仕事では得られないスキルを磨くことも可能です。

双方ともにプラスになるという意味で、医師のスポットバイトは需給が成り立っていると言えるでしょう。

医師のスポットバイトでの注意点

医師のスポットバイトにおける注意点として、常勤で働く医師は就業規則で禁止されていないか確認するということです。

たとえば国立病院の医師は公務員であるため、アルバイトは禁止されています。あるいは厚生労働省の規定により、初期研修医もアルバイトはできません。

医師のスポットバイトの時給相場は?

医師のスポットバイトは業務内容が多岐にわたります。その種類によって時給は異なりますが、たとえば内科の健診は時給が8,000円から12,000円ほどになります。

あるいは透析の場合、東京23区の透析クリニックでは時給はおそよ9,000円ほどのようです。

また1回あたりの給与がいくら、という形で条件が提示されますが、なかには10万円を超える仕事もあります。

医師のスポットバイトのメリットは?

医師がスポットバイトを行うことで、どのようなメリットがあるのかを説明します。

自分のスケジュールに合わせて仕事を選べる

医師がスポットバイトをする大きなメリットは、自分のスケジュールに合わせてアルバイトを入れられることです。

医師の仕事は不規則となることが多いものです。一般外来での診察、緊急外来での診察、当直勤務などがあります。さらに診察後には学会発表の資料作成など、やるべきことも多いものです。

そこで、空き時間を利用してできるスポットバイトが人気を集めています。さらに平日だけではなく、土日にも仕事ができるスポットバイトもあります。

収入と経験を増やせる

そのような不規則なスケジュールの合間に、スポットバイトを入れることで収入を増やせることも大きなメリットと言えます。

医師とひと口で言っても、その種類によって収入は大きく異なります。そしてそのステップアップのために、さまざまな経験を積みたいという医師もいることでしょう。

スポットバイトをすることで、収入に加えて経験も積み上げることができるのも大きなメリットとなります。

スポットバイトは対人関係の悩みが少ない

医師は人との関わりが大きな仕事です。そして勤務先における同僚などとの対人関係で悩みを持つ医師も少なくないでしょう。

スポットバイトは1回で完結する仕事なので、そのような対人関係での悩みは少ないものです。医院内における「しがらみ」も、スポットバイトであればほとんどないと言ってよいでしょう。

医師のスポットバイトの業務内容

メリットの多い医師のスポットバイトですが、実際にどのような業務があるのでしょうか。

基本的にスポットバイトは健康診断や一般外来など、専門性があまり高くなく、また責任もそれほど重くないものが多くあります。なかには専門性を求められる業務内容となるスポットバイトもあります。産婦人科や外科など専門スキルを必要とするものは給与もその分多くなります。

医師向けスポットバイトの求人サイトにおける良い求人案件の探し方

医師のスポットバイトは好条件となる案件が多くあります。しかし、条件の良いスポットバイトは競争率も高く、ほかの医師も探していることを忘れてはいけません。

そこで、医師向けスポットバイトのサイトでどのようにすれば良い求人案件を探せるのかを考えてみましょう。

まず基本的なことですが、医師向けスポットバイトのサイトに登録しておくことが大切です。できれば複数のサイトに登録し、巡回するようにチェックするとよいでしょう。

そして気になるスポットバイトを見つけたならば、すぐに申し込むことも大事です。迷っているあいだに、ほかの医師が先に申し込んでしまうからです。

とはいえ求人情報だけをみて自分にできるかどうか、スケジュールに合うかどうかをすぐに判断するのは難しいかもしれません。これはある程度のスポットバイトの経験値を積むことで、判断できるようにするしかないでしょう。

まずは、次におすすめする医師向けのスポットバイトに登録し、条件に合う求人情報をメールで送ってもらうようにするとよいかもしれません。

おすすめ医師向けスポットバイト求人サイト

それでは、医師向けのスポットバイトを探すにあたり、おすすめの求人サイトをご紹介します。

1位:業界圧倒的1位爆走中!医師転職なら『エムスリーキャリア』

高待遇の医師バイト求人を探すならエムスリーキャリア
医療IT業界最大手のエムスリーが提供する医師転職サイトです。もちろん医師のアルバイト案件もたくさんあります。業界での圧倒的な規模を活かし、強い交渉力を感じさせる求人案件が多くあるのを見受けられます。とりあえず登録しておけば、アルバイトだけでなく転職の際にも力強いです。

ちなみに、今や医療に携わっていない人でもエムスリーをご存知の方も多いのではないでしょうか。おそらく投資をしている方はご存知でしょう。株価がうなぎのぼりです。

売上収益:1237億5000万円(前年同期比+28.5%)
営業利益:424億6800万円(同+57.7%)
純利益:267億1100万円(同+61.0%)※IFRS

売上1000億超え、営業利益400億、純利益260億超えの医療IT業界の巨塔です。2位以下を圧倒的に突き放しています。

2位:高収入案件多数!『MC-ドクターズネット』

高収入求人多数!≪MC-ドクターズネット≫
高収入案件や健康診断などのスポットバイトの人気案件も多数掲載されています。人気案件は掲載されるとすぐに申し込み殺到なので、時間があるときは常にサイトをチェックしておくと良いでしょう。

また、専任のコンサルタントがつくので、心配なことは申し込み前に事前に相談してみると良いでしょう。

人気案件多数掲載されるサイトなので、とりあえず登録しておいて損はないでしょう。

第18期決算公告
純利益: 1億3529万4000円
利益剰余金: 5億2822万1000円
総資産: 36億8380万5000円

2019年の決算公告データですが、純利益も1億強出ていて、財務内容も申し分ないですね。これも利用においての安心材料です。利益が無いと、合う合わない関係なしにガツガツの営業かけられますからね。そんな嫌な経験はなるべくしたくないですよね。

3位:業界最大級の求人19,500件!医師のバイト探しに特化したサイト『医師バイトドットコム』

医師バイトドットコムは医師のアルバイトに特化したサイトなので、転職案件などのノイズが少なく、目的に合った案件のみを探しやすいです。アルバイト、非常勤の案件がメインです。見出しにも記載しましたが、求人案件数も2万件弱と強さを発揮しています。

こちらも登録しておいて損はないでしょう。

人材サービス40年の実績を生かす!『マイナビDOCTOR』

マイナビが独自に保有する求人情報や、好条件となる非公開求人が多いのが特徴です。マイナビの法人営業担当がさまざまな医療機関に足を運び、多くのスポットバイトを提供しています。

さらに転職活動においては、キャリアパートナーが全面サポート。希望に合う求人の精査や病院の見学、面接日時の調整などを行います。人材サービスのキャリア40年を誇るマイナビブランドが豊富な実績を積み重ねています。

非公開求人はマイナビDOCTORの無料転職支援サービスに登録するとチェックできるようになります。

地域密着で求人情報を収集!『民間医局』

医師のキャリアサポートに特化したエージェントがサービス提供する求人サイトです。全国17拠点で地域密着したエージェントが、最新の求人情報を取得しています。

2020年10月時点でのスポットバイトの求人数は412件と少ないものですが、1回あたりの給与が4万円以上の求人数は258件と半数以上あります。

圧倒的に求人情報数が多い!『MRT』

MRTは業界トップクラスの紹介実績を誇る医師紹介サービスです。約3万人の医師が登録し、求人募集をしている診療科は内科や外科のほかに眼科、美容外科、健診など幅広く対応しています。

スポットバイトの求人情報はエリアからと科目からのふたつの選択肢から探すことができます。さらに給与総額と勤務日を指定しての検索もできます。

このサイトが人気の理由は24時間365日対応していることと、相談にのってくれるスタッフがいることです。希望する条件に合う仕事を紹介してもらえます。

2020年10月時点での求人募集数は10741件です。たとえば給与総額500,000円で検索すると2件ヒットします。いずれも鹿児島県の一般内科の仕事で、1回あたりの給与は54万円と85万円となっています。100,000円で検索すると408件ヒットします。これは1回あたり、あるいは1日の給料が10万円以上の案件です。

スポットバイトをしたら確定申告を忘れずに

スポットバイトはいわゆる「副業」です。そして副業として得た収入は「雑所得」として給与所得と合算する必要があります。そのため、確定申告をしなければなりません。

雑所得となるスポットバイトは確定申告が必要

正確に言えば、雑所得が20万円を超えたら確定申告が必要になります。ただし所得が20万円以下でも所得税に反映されないという話であって、住民税は発生するので申告が必要です。

スポットバイトを確定申告しないとリスクが

スポットバイトで収入を得た場合、もし確定申告をしないとどうなるのでしょうか。税務署にバレることはないのでしょうか。

実は個人の収入に関しては、税務署は調査をすることができます。もしスポットバイトをした翌年あるいは翌々年になっても何も税務署から知らせが来ないとしても、安心できません。数年経ってから、お尋ねの通知が来ます。

そして確定申告をしていない所得に対する税金は、延滞税を含めると相当額に膨らみます。もちろん、支払えないからといって免除されることはありません。

確定申告をすると勤務先にスポットバイトがバレるのか

確定申告をすると、所得税とともに住民税も増額します。すると給与から住民税が天引きされる際に、勤務先にその内容が伝わりスポットバイトをしていたことがバレてしまいます。

実は、確定申告をする際にスポットバイトで得た収入分の住民税は、別途に納付するよう選択できます。つまり、勤務先にバレることがないということです。

スポットバイトの確定申告はいつまでに行うのか

確定申告は毎年2月半ばから3月半ばの1カ月ほどの間で行います。この期間を過ぎると、ペナルティとして納付すべき税金が増額される可能性があるので注意しましょう。

ただし記事執筆時点では、新型コロナウィルスの影響により4月16日まで期限が延長されました。

まとめ

医師のスポットバイトは自分のスケジュールに合わせて選べることや、キャリアアップにつながることなど多くのメリットがあります。またスポットバイトを紹介する求人サイトを利用すれば、忙しい中でも効率よく条件の良い仕事を探すことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました