看護師を対象としたオリジナル研修

更新:2019年9月13日

小児救急看護においては、小児のフィジカルアセスメントや重症度・緊急度に応じた適切な処置やケアの提供はもちろんのこと、小児の発達や家族の状況に応じた育児支援などの幅広い関わりが必要となります。

このように、小児救急看護には専門的な知識や幅広い対応力が必要になるにも関わらず、これらを学べる機会や研修は決して多くありません。

そこで、Child Future 熊本では、2019年(令和元年)から看護師を対象としたオリジナル研修を開催する運びとなりました。

講師は熊本県でのトリアージ導入(熊本方式)に携わった小児救急看護認定看護師が務めます。

小児救急看護オリジナル研修の内容

オリジナル研修は年間を通して実施します。

研修テーマについては6シリーズを予定しており、ご希望のテーマを選択して受講していただいても6シリーズ全てを受講していただいても構いません。

※小児救急看護の網羅的な習得のために全て受講される事を推奨します

オリジナル研修に加えて、当会が開催するAHA-PEARSコースAHA-BLSコースを受講されることで小児救急看護に必要なノウハウは一通り網羅できると考えています。

小児救急看護オリジナル研修の詳細

・対象:看護師

・場所:熊本市流通情報会館

・費用:2,500円(1回につき)

・時間:13:45〜16:15

受講された方には参加証明書をお渡します

※イメージ

・資格を証明するものではありません。

受付中のオリジナルセミナー

第4回セミナー「小児トリアージ初級編」

2019年11月9日には第4回目のセミナーを開催します。

院内における小児救急トリアージをご存知ですか?

患児の状態に応じて緊急度レベルを判定し、そして緊急度の高い患児から優先的に治療を開始するというシステムです。

救急外来だけでのテクニックと思われがちですが、救急を扱っていない全ての看護師にとって必須の知識です。

  • 小児救急について
  • トリアージとは
  • トリアージの方法
  • トリアージの練習

※AHAコースではありません。

※修了証は当会オリジナルのものです。

※当会からのメールを必ずご確認ください。

※受講料は事前振込みとなります。

第5回セミナー「小児トリアージ実践編」

2019年11月27日には第5回目のセミナーを開催します。

重症な小児は救急外来だけに来るとは限りません。

Walk-inでクリニックを受診することも少なくなく、そんな時、看護師としてどのように対応しますか?

今回はトリアージの基本的なスキルを使って机上シミュレーションを行います。

  • 小児救急について
  • Walk-in患者に潜む危険な兆候
  • ショックとは?
  • 机上シミュレーション

※AHAコースではありません。

※修了証は当会オリジナルのものです。

※当会からのメールを必ずご確認ください。

※受講料は事前振込みとなります。

第6回セミナー「虐待と不慮の事故」

2019年12月7日には第6回目のセミナーを開催します。

近年、子どもへの虐待は様々な報道で取り上げられ社会問題になっています。

医療の現場で、「何か変」と感じた経験はありませんか?

虐待やその疑いがあるケースに対応する方法を学ぶことができます。

また、怪我を理由に外来を受診することも小児救急の特徴です。

軽微な外傷から重症な外傷まで、子どもの不慮の事故における知識を習得しませんか?

  • 虐待について
  • 症例ベースで虐待対応を考える
  • 子どもに特有の事故について
  • 虐待と事故の見分け方

※AHAコースではありません。

※修了証は当会オリジナルのものです。

※当会からのメールを必ずご確認ください。

※受講料は事前振込みとなります。

申し込みはこちらから