PEARS(Pediatric Emergency Assessment,Recognition,and Stabilization)

AHA(アメリカ心臓協会)がリリースした新しいコースです。

PEARSコースは、小児が心停止になる前の危険な兆候に気づきアセスメントし安定化させることを学ぶ1日コースです。

PEARSを直訳すると、「評価・認識・安定化」という意味です。

AHAによりますと、小児が院内で心停止に陥った場合の生存率は27%、院外では13%にも満たないと言われています。

しかしながら、小児の心停止は突然ではないと言われています。

つまり、小児においては、「心停止にさせない」ことが重要です。

そのためには、最初に患児に接触した医療者が、体系的な評価を基に「重症度とタイプ」を判断し、介入(安定化)し、早期に専門医に引き継ぐことが極めて重要です。

PEARSコースの特徴は、実際の患児の動画を視聴しながら、

「第一印象」・「一次評価( ABCDE)」・「バイタルサイン数値」等から、観察と評価のトレーニングを行います。

テキスト等では知っていた単語、例えば、「陥没呼吸」という所見も、実際に診て認識できなければ意味がありません。

PEARSコースを受講することによって、体系的な評価・認識・安定化を学ぶことができます。

※PEARS紹介動画はこちら (Youtubeにリンクしています)

アメリカ心臓協会と米国小児学会のダブルネーム

PEARS with シミュレーション

これまでオプションだったPEARSコースにおけるシミュレーションですが、G2015への移行に伴い必須化されました。

当会のPEARSコースでは、従来からシミュレーションの重要性を認識しており、これまでシミュレーションを含むコース開催を行っております。

今後も受講者様の職業背景に応じたシミュレーション環境を提供させていただきます。

私たちが追求するのは、机上の知識だけではなく、実際の臨床現場で患児を「評価・認識・安定化」させることです。

今後も受講者様の職業背景に応じたシミュレーション環境を提供させていただきます。

<ご確認ください>

日本国内では複数の団体がPEARSコースを開催していますが、シミュレーションを含まないPEARSコースを開催されている団体もあるようです。

AHAによるマニュアルでは、シミュレーションは「必須化」されていますので、受講される際は十分ご確認されるようお願いいたします。

  

プロによるプロのためのコース運営

当会のコース運営は、小児救急のプロである小児救急看護認定看護師が行います。
また、インストラクターには、救急救命士も在籍しております。

小児救急看護認定看護師ならではの小児の専門性と、プレホスピタルの専門家である救急救命士の視点を合わせた「現場で使える知識とノウハウ」を提供いたします

看護師の皆様はぜひこちらもお読みください。

救急救命士の皆様はぜひこちらもお読みください。

 

受講特典

当会でPEARSコースを受講された方で、有効期限内のプロバイダーカードをお持ちの期間(2年間)は以下の特典が利用できます。

1 復習見学

プロバイダーコースをで見学できます。
※会場の規模や人員によっては見学できない場合もございます。
希望される方は、「お問い合わせ」からお申し込みください。

2 小児救急に関するメールでの質問を受付けます

小児に関すること、トリアージに関すること、救急現場のこと、その他ふとした疑問等の質問を制限なく受付けいたします。
小児救急看護認定看護師をはじめ、インストラクターが回答いたします。

3 オリジナル資料をダウンロードできます

当会のインストラクターは、小児救急認定看護師と救急救命士です。

そのため、実際の看護や現場活動に役立つ様々な資料を受講特典としてダウンロードすることが可能でございます。

PEARSコースの内容

・重症な疾患または外傷の小児に対する体系的なアプローチ
・小児、乳児のCPRとAED
・呼吸不全の認識と安定化(上気道、下気道、呼吸調節、肺組織)
・ショックの認識と安定化(循環血液量減少性、血液分布異常性)
・呼吸循環のスキルトレーニング
シミュレーショントレーニング
開催団体によってはシミュレーションを省略することがあるようです

受講詳細

受講対象

「小児救急を専門とする医師」以外の医療従事者、主に救急救命士・看護師で、かつAHA BLSプロバイダーコース相当の小児のCPR+AED、乳児のCPRができる方

BLSプロバイダー資格は必須ではありません

テキスト

AHAの規定により、PEARSを受講するには、テキストを準備していただく必要があります。
テキストをご希望の方は、書店やネット販売等より注文下さい。
※アマゾンはこちら

受講にあたっては英語版テキストでも日本語版テキストでも構いません。

PEARSプロバイダーコース受講に際しては、事前学習は必須です。

事前学習については、受講決定後、別途ご案内いたします。

なお、PEARSに関するポイントは、協力団体のブログ記事(BLS横浜)をごらんください。

コース所要時間

PEARSプロバイダーコースの所要時間は約7時間です。

休憩時間を含めますと、開始から終了までは約8-9時間です。

Child Future 熊本では、シミュレーション訓練を省略せずに行っていますので、他団体の講習より時間は長めとなっています。

試験について

AHA PEARS Providerカードを発行するためには、次の3つのテストに合格する必要があります。

・小児の一人法CPRならびにAED操作を含めた二人法CPR
・乳児の一人法ならびに二人法CPR
・ビデオベースのPEARS筆記試験

募集中のコース

平成30年11月14日(水)

平成30年12月14日(金)
※救急救命士限定コース