熊本のAHAコース事情

今回は、一般の方にも、場合によっては県内のAHAインストラクターにもあまり知られていない「県内のAHAコースの事情」についてお伝えします。

Child Future 熊本のコースはAHAなの?

よく聞かれる質問です。

「Child Future 熊本」という団体名に、

「AHA」とか「ACLS」とか、

いわゆる固有名詞が入っていないために、

このような質問をよく受けます。

単刀直入に言うと、当会が開催する

PEARS,BLS,ACLSについては

全てAHA公式コースです。

実は、日本でAHAコースを開催している組織(トレーニングセンター)は、約9つ存在します。

当会は、その中の1つである日本医療教授システム学会国際トレーニングセンターと提携しています。

従って、当会が開催するコースは全てAHA公式です。

受講料に差があるのは何で?

インストラクターも知らない方が稀にいますが、実は、AHAはコースの受講料金を定めていません。

AHAの規定では、受講料に関しては、トレーニングセンターや主催インストラクターが自由に決めるとされています。

トレーニングセンターによって受講料に差があるのはこのためです。

これからは「受講場所」を選択できる時代に

都心部以外の地域、つまり地方では、AHAを開催している団体が1つしか存在しないため、必然的にそこの団体が開催するコースを受講しなければいけないという流れが主流でした。

つまり、受講される方に「受講場所」の選択肢はありませんでした。

ただし、これからは違います。

少なくとも熊本県では、受講者(消費者)の方が、各団体の特徴等を吟味した上で、受講する場所を選択できるようになりました。

当会のスタンスとしては、

ただ資格を取得するだけではなく、

現場活動や看護の場面で、

本当に役立つスキルや知識を提供することです。

そのためにはリアルなシミュレーションは外せませんし、受講しただけで終わるのではなく、有効期限内のカードをお持ちの間は、可能な限りの学習サポートを提供させていただきたいと考えております。

日本国内のAHAについての詳細はこちら