救急救命士に対する小児救急への研修は十分でしょうか

小児救急に対して苦手意識を持つ救急救命士や救急隊員の方は決して少なくありません。

これは全国的にも指摘されているところですが、果たして救急救命士や救急隊員の方に対する小児救急の研修や教育体制は十分なのでしょうか?

救急救命士の特定行為が影響している?

救急救命士の方が行う医療行為、いわゆる特定行為ですが、地域によってプロトコルの内容に差があるとは言え、基本的には「8歳以下の小児」がその対象として含まれることはほぼないと思います。

故に、各教育課程や養成課程の中で、小児救急に対する教育制度が十分に実施されているか?と言えば、これには疑問の余地があります。

例えば、CPAに対する実習は実施されていると推測しますが、これも基本的にはBLS(PBLS)まで。

そこでの観察は、CPAか否かを判断するのが目的ですから、いわゆる陥没呼吸や呻吟等の観察手技を学ぶことは少ないのではないかと思います。

小児救急における重症の割合は確かに少ない・・けれど

各地域での統計を参照していただきたいのですが、病院前救護で対応する小児救急は、結果的には軽症と判断されることが多いかと思います。

しかし、そこには必ず「重症」も潜んでおり、いつ・誰が、そのような患児に対応するかは分かりません。

言い換えれば、全ての救急救命士や救急隊員が、重症の小児患者に遭遇する可能性は大いに考えられます。

その時、果たして十分な観察や処置は実施できるでしょうか。

一番多い要請内容は、「発熱に伴う痙攣」だと思います。

これは、ある特定の地域だけではなく全国的にも示されていることですが、熱性痙攣にしても「単純性」と「複雑性」の2つに分類されますし、発熱の原因となった疾患等によっては、呼吸のトラブルや循環のトラブルが認められることも稀ではありません。

痙攣自体は発熱に伴うものであったが、よく観察すると、呻吟やラ音を認め、実は肺炎による呼吸不全だった・・なんてこともあり得ます。

子供は泣くから・・と、場合によっては酸素投与を躊躇うこともあるかもしれません。

PEARSは救急救命士や救急隊員にとっての小児救急を学ぶ絶好の場である

PEARSで扱う内容は「治療」ではありません。

患児の状態を評価し、状態を認識して、そして安定化させること。

これ、まさしく救急救命士や救急隊員の業務ではないでしょうか?

患児に接触して第1印象から1次評価を進めながら、重症度とタイプを判定し、然るべき処置を実施しながら適切な医療機関を選定し搬送する。

安定化させる処置ですから、何も特定行為に限ったことではありません。

例えば酸素投与や体位管理、BVMによる補助換気も安定化させるための処置です。

問題は、その処置を行う根拠はどこにあるのか。

何が問題だからその処置を実施するのか。

そのためには、ABCDE評価を適切に実施することが重要です。

PEARSではABCDE評価を「体系的」に学ぶことができますし、Child Future 熊本が開催するPEARSコースの特徴は、臨場感溢れるシミュレーションを取り入れていることです。

病院への連絡方法や搬送手段についてもディスカッションすることもありますし、何より救急救命士インストラクターが在籍していることで、より実際の救急活動に近い状況想定でシミュレーションを行うことができます。

救急救命士インストラクターが提供するPEARSコースのシミュレーションは、全国的にもほぼないと思います。

そのためか、当会のPEARSコースは、救急救命士さんや救急隊員の方が受講されることがとても多い印象です。

また、小児救急看護認定看護師がコースを運営しているため、小児救急病院で勤務する看護師さんや、小児科クリニックの看護師さん、ERの看護師さんまで、「救命救急」に携わる多くの看護師の皆様にも定評をいただいております。

ぜひ当会のPEARSコースをご検討ください。

こちらのサイトでもPEARSプロバイダーテキストが紹介されているようです。

<現在募集中のコース>

詳しくはこちらから確認できます