救急救命士や看護師がBLSを受講する意義とは

救急救命士や看護師であれば誰でもが知っているはずのBLS

今回は救急救命士や看護師がBLSプロバイダーコースを受講する意義を考えてみます。

医療従事者ならBLSはできて当然?

医療従事者であればBLSは出来て当たり前。

そんな風潮があるかもしれませんし、キャリアを積めば積むほど「いざという時はできる」と考えられる医療従事者も多いかもしれません。

しかし、普段から「心停止」に遭遇する可能性が低い部署で勤務していると、いざという時に動けなかったと感じる方も少なくないはずです。

医療従事者として従事している以上、そこで何かが発生すれば必然的に対応義務が生じます。

そんな時、「久々だったから動けなかった」では済まされないのが医療従事者です。

そのためにも定期的にBLSを受講しておくことは非常に重要です。

乳幼児から成人までの1次救命処置を学べる

ACLSは成人、PEARSやPALSは小児を対象にしたコースプログラムとして広く認識されていますが、AHAのBLSプロバイダーコースは、乳幼児から成人まで全ての年齢層に応じた1次救命処置を学ぶことができるプログラムです。

そのため、あらゆる部署で勤務する看護師や、全ての年齢層に対応する必要がある救急救命士にとっては必須の資格であると考えています。

世界で通用する資格

BLSプロバイダーコースを修了すると、アメリカ心臓協会(AHA)からBLS Provider資格が発行されます。

これは、心肺蘇生(1次救命処置)では世界的に最も知られた技術認定証です。

このカード(資格)は、世界中のどこで受講しても同じカードが発行されます。

また、履歴書等にも記載することができる資格となっています。

最近では、病院全体の取り組みとして全職員にBLSの受講を義務付ける病院も増えています。

アメリカではBLSプロバイダー資格がないと働けない

特にアメリカの救急救命士(Paramedic)は、BLS資格がないと救急車に乗務することが許されていません。

これは1度受講するだけではダメで、有効期限内のプロバイダーカードを所有していることが条件となります。

BLSプロバイダーカードの有効期限は2年間ですから、アメリカのParamedicは2年毎に資格を更新しています。

州によっては、期限が1日でも切れただけで乗務停止となることもあるとか。

つまり、救急医療先進国のアメリカではBLS資格について重要視しているのです。

九州では唯一「米国ハワイ州」からカードが発行される

以前も書きましたが、日本国内でAHAコースを開催している団体は複数あります。

関連記事熊本県内におけるAHAの実情

例えば、当会のPEARSコース日本医療教授システム学会ITCと提携しています。

しかし、BLSコースやACLSコースに関しては、期間限定で米国ハワイ州のトレーニングセンターであるAMR(American Medical Response)からカードが発行されます。

なぜこのような事が可能かと言いますと、当会でのBLSコースとACLSコースは連携団体であるBLS横浜との共催で開催いたします。

BLS横浜は、日本医療教授システム学会ITCの他に、米国ハワイ州AMR-TCとも提携しているため、BLSとACLSに関しては、どちらのTCからもカード発行が可能です。

従って、当会でBLS/ACLSコースを受講された方は、米国ハワイ州からカードが発行されます。

前述したように、日本国内のITCで受講しても同じカードが発行されますが、当会で受講された方のカードには「American Medical Response」と記載されます。

米国ハワイ州のTCからカードが発行されるのは、九州では当会のみです。

つまり、熊本にいながらアメリカ国内のカードが取得できるという事です。

九州からハワイ州まで行く場合、旅費だけでも10万円単位のお金が必要ですからこれは魅力的かと思います。

それでいて受講料金は熊本県内における標準的な受講費と同等です。

追記
米国ハワイ州AMR-TCのプロバイダーカード発行は、次回のコース以降は予定がございません。
次回以降のBLSプロバイダーカードは日本国内ITC(JSISH-ITC)から発行予定です。

医療従事者や対応義務がある職業の方はBLSを

いざという時、「できるだろう」ではなく、

「できる」ことを再確認するためにもBLSコースを強く推奨します。

医療従事者や対応義務がある方は「できなかった」では済まされない職業です。

ぜひAHA-BLSプロバイダーコースをご検討ください。

申し込みはこちらから